気になる目下のクマ

カメラ目線の両目

短期間でダイエットをしたいという方にはおすすめです。脂肪吸引が福岡で出来るクリニックを紹介しています。

近年では、デスクワークの仕事も増えパソコンと向かい合う仕事も増えてきました。目の下にクマができてしまうと、疲れてしまっているようにみえたりすることもあります。また、ひどいクマになると老け顔などにも見えてしまいます。様々な、原因や症状によって目の下が黒ずんだりすることをクマと言います。一言にクマといっても、種類が複数存在し特徴が全く違ってきます。それぞれのクマの原因は全く違い、対処法も違ってきます。クマが出来た場合、自分のクマがどの種類どれにあたるかを把握する必要があります。

眼球付近には、数多くの毛細血管が通っています。毛細血管は血液の通り道で血液は酸素や栄養を運ぶ役割があります。眼球付近にも毛細血管が数多くあるため、常に新鮮な栄養や酸素が血液によって送り込まれています。目の上下には眼球を守るための役割として存在する眼窩脂肪という脂肪で眼球は守られています。眼窩脂肪は、眼球のクッションの役割を果たしているので眼球を守ることが可能です。それをまぶたが支えていますが、まぶたの皮膚は非常に薄くなっており刺激を与えるとすぐに赤くなったりと色素沈着を起こすします。眼の構造がこのような感じになっているのでクマもそれぞれの構造が様々な原因によってあらわれてきます。

クマの種類は大きく分けて、3種類あります。色素沈着が原因で起こるクマのことを茶グマと言われています。目の血行不良などで目下が青くなるのを青グマといい、黒グマは、皮膚のへこみが大きな原因だと言われています。それぞれ、対処法が全く違うので適した治療法を行わなければなりません。

クマの種類

カメラ目線の女性

クマと一言で言ってもいくつかの種類に分かれています。原因や対処法が、それぞれのクマによって全く違います。茶グマ、青グマ、黒グマそれぞれの正しい対処法が必要となります。

Read more

クマがもたらすサイン

手の甲の乳液

目の下にでるクマは、様々な病気のサインである可能性があります。血の流れが悪くなって起きる青グマは、身体の異常により血液の流れが悪くなる可能性があるためです。身体のサインを見落とさないことが重要です。

Read more

クマの解消法

両頬に触れる

大きく分けて、3種類存在するクマの対処法はそれぞれで違います。黒クマは、手術は駐車によって解消することができます。茶青はレーザー治療で色素や結構をよくすることできます。

Read more

オススメリンク